HOME > Note Sleeve > Note Sleeveの小銭入れには家の鍵を入れると良いかも

Note Sleeveの小銭入れには家の鍵を入れると良いかも

この記事は約2分で読むことができます。

Bellroy Note Sleeveの小銭入れに自宅の鍵を入れて使っていますというレビューをAmazonで見たことがあったので、わたしも一度やってみたいと思っていました。

購入から5ヶ月くらい経ちまして、ようやく実践してみたのですが。

結論、財布に硬貨を入れて持ち歩かないのであれば、コレはおススメです。

Note Sleeveに家の鍵を入れて持ち歩く

Note Sleeveに鍵を入れるメリット

鍵をなくすリスクが減ります。
家の鍵って、外出する時と帰宅する時以外は使わないと思うので、途中で紛失しても気付かないまま…ということが多いです。わたしも経験がありますがw

なので、常に財布に入れるようにしておけば、家の鍵だけどこかに置き忘れるということもないので、紛失のリスクはグッと減るんじゃないかと思います。

あと、持ち歩くアイテムを1つ減らすことにもなりますので、ミニマリストを目指す方にもオススメですね。

使用感をチェック

Note Sleeveの小銭入れの蓋を開き、鍵を入れます。よくある一般的なタイプの鍵であれば、スッとポケットに収まっていきます。わたしの家の鍵もポケットの深さに丁度いい感じにフィットしました。

鍵を小銭入れに入れたまま、レジでの支払いや駅の改札を通るなどしてみましたが、特に問題はないです。

鍵の取り出しについて

次に鍵の取り出しついてですが、これは硬貨を出すと比べて圧倒的に取り出しやすいです。もう硬貨じゃなくて鍵を保管するために用意されたポケットなんじゃないかと思うほどですww

財布の厚みはどれくらいになるか?

鍵を入れた時のNote Sleeveの厚みは以下の写真の通り、約1.8cmという感じでしょうか。
カード7枚も同時に入れていますが、少し厚みがあるかも?という程度で、特別分厚く感じることはないですね。厚みはほとんど気になりません。

Note Sleeveに鍵のカタが付くんじゃないの?

これはしばらく試してから様子を見てみようと思います。

デメリット

財布を失くしたら鍵も失くなるので、それがデメリットでしょうか。

ただ私の場合、家の鍵は何度か行方不明になったことがある(最終的には見つけかったけど)のですが、財布の紛失経験はないため、このデメリットは感じないです。

Note Sleeveは限られたスペースを如何に有効活用できるかを考えて、色々試したりできる楽しさもあるので、ホントにいつまでも飽きが来ない財布です。

About サイト管理者

はじめまして。Bellroy Note Sleeveの愛用者であり、レビュー記事を書いている管理人です。30代の男性であります。ほんの少しずつでもミニマリストに向けて前進中。 ちょっと大袈裟な表現かもしれないですが、今までの2つ折りの財布からNote Sleeveに変えたことで、生活スタイルや考え方が一気に変わったと言っても良いくらい、この財布の魔法の力に取り憑かれた1人です。 このブログを見てくれているみなさんにも、同じようにBellroyの魅力を知ってほしいので、どんどん商品レビューをしていきたいと思っています。

View all posts by サイト管理者 →

コメントを残す